福島プロジェクションマッピング

はるか 2018

ー 戊辰の風 花の雲 ー

東日本大震災からの福島・東北の復興を願い開催されてきたプロジェクションマッピング「はるか」。6年目にあたる2018年は開催地を増やし、戌辰150周年にちなんで、その舞台であった福島県会津若松市の鶴ヶ城、白河市の白河小峰城で開催。「戌辰の風 花の雲」をテーマに福島に息づく“試練に立ち向かう勇気”と“不屈の魂”をプロジェクションマッピングで描きました。武士道を一コマ一コマ手書きし、墨の表現は実際に撮影したものを使用するなど 細部にこだわり抜いた作品が完成。さらに福島県内の学校を巡回する出前授業「学校でプロジェクションマッピング!」も1月30日~2月2日の4日間に渡り実施しました。

YEAR |2018

主催fukushimaさくらプロジェクト
共催|会津若松市 / 白河市
後援|復興庁 / 福島県

企画制作NHKエンタープライズ

Director:橋本 大佑
Music:石田 多朗
Projection Mapping:
S.C ALLIANCE

LIL_BB.png

OTHER WORKS